旗・幕の専門店。垂れ幕・横断幕、タペストリー、テーブルクロス 、社旗、団旗、クラブ旗、大漁旗、手旗などを製造、販売。

ヘッダーイメージトップ
旗・幕ドットコム

サイトマップ

原稿確定後1週間で出荷、安心の交換保証付!

問い合わせをする   ショッピングカートを見る
ヘッダーライン
製品一覧 当サイトの特長 ご注文方法 データ入稿ガイド お客様の声 会社概要
トップメニュー下部イメージ

ホーム > 初めての方へ > よくいただく質問

応援幕 編

質問 応援幕を製作したいのですが、生地はどれがおススメですか?それぞれの特徴を教えて下さい。
答え

かしこまりました。
応援幕の詳細ページでご覧いただきました通り、
サイトでは応援幕としてご使用にふさわしい生地として、
トロマットと帆布をお勧めしています。
それぞれに特徴がございますので、ご使用頻度やご使用環境、
ご希望の質感やご予算等に応じてお選びいただけたらと思います。

まずトロマットですが、こちらは化繊系の生地で、何より軽いのが一番の特徴です
かといって、のぼりで使われるポンジのような薄い生地では決してありませんので、
扱いやすく、かつお手ごろ価格で丈夫な屋外の応援幕や横断幕を製作したい方には、
オススメの生地です。

質感は化繊なので、光沢があり、軽快・カジュアル・おしゃれなイメージを醸し出しています。
メンテナンス方法は、手洗いなら全く問題ありませんが、
クリーニングは不向きですのでご注意下さい。
それは製作方法が「印刷」だからです。インクが上に乗っかっている状態なので、
激しい洗濯とかは不向きなのです。どんな作り方か簡単にご説明しますと、
生地に直接インクジェットプリントし、そのまま200℃の高熱をかけて生地にインキを昇華させる
「ダイレクト捺染」という印刷方法になります。

一方の帆布は、エコバックなどにもよく使われるキャンバスのような厚手の綿風生地で、
かなり丈夫(トロマットよりも)でしっかりしていますので、
屋外の応援幕・横断幕にはピッタリの生地です。
しかも綿風ですから、その落ち着いた風合い、手触りは、
化繊のトロマットにはない特徴のひとつです。
さらに製作方法が、トロマットのところでご説明したダイレクト捺染という「印刷」ではなく、
昇華転写捺染と言う「染め」ですから、その綿生地のもつ風合いそのままに、
柔らかな仕上がりになります。具体的には、インクジェットプリンターでまず転写紙に出力、
それを生地と重ね合わせ200℃の高熱で生地に転写、昇華させる方法です。
価格は、こちらの帆布の方が高くなります。
それは、この作り方の差(印刷か染めか)によるものです。
結果、色持ちも発色も、トロマットよりも良いです。

メンテナンスも、帆布はご家庭での洗濯が可能で扱いがしやすいです。
ただし移染する可能性がございますので、他のものとは別に洗ってください。
その際、漂白剤等は絶対に使用しないで下さいね。
クリーニングに出す場合も「水洗い」とご指定くだされば全く問題ございません。


まとめますと、耐久性(長持ち)という点では、生地においても色持ちにおいても、
「帆布」の方が「トロマット」よりも優れています。発色が良いのも「帆布」の方です。
「帆布」のほうが分厚いですし、製作方法が印刷ではなく、染めだからです。
その分、お値段は「帆布」の方が高くなります。

ただ「トロマット」も、安いからといって「帆布」よりも劇的に弱い、劣るというわけでは決してありませんので、ご予算に併せてご検討いただければと思います。

応援幕の詳細ページはコチラ >> http://www.hata-maku.com/product/ouenmaku.html

質問ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

特定商取引法の表記 プライバシーポリシー

Copyright© HakuroMarks Inc. All rights reserved.

生地サンプル無料配布中 旗・幕ドットコム