旗・幕の専門店。垂れ幕・横断幕、タペストリー、テーブルクロス 、社旗、団旗、クラブ旗、大漁旗、手旗などを製造、販売。

ヘッダーイメージトップ
旗・幕ドットコム

サイトマップ

原稿確定後1週間で出荷、安心の交換保証付!

問い合わせをする   ショッピングカートを見る
ヘッダーライン
製品一覧 当サイトの特長 ご注文方法 データ入稿ガイド お客様の声 会社概要
トップメニュー下部イメージ

ホーム > 初めての方へ > よくいただく質問

優勝旗 編

質問 オリジナル優勝旗の、金茶タイプと金色タイプの違いについて教えてください。
答え

はい、承知しました。
当店のオリジナル優勝旗の金茶タイプと金色タイプは、旗部分は全く同じで、
優勝旗の周囲についているフレンジの種類だけが違います。

どのように違うかと言いますと・・・
まず見た目ですが、その名の通り色が違います。

フレンジアップ画像


金色タイプは文字通り金色に近いです。
一方の金茶タイプは、どちらかと言うと橙色に近いです(なかなか普段見慣れない色なので、
だからこそ金茶という聞き慣れない表現になっています)。黄色でもなく橙色でもなく、
その間と言ったらいいのでしょうか?
こう言うと山吹色を想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、
確かに「発色の良い山吹色」が、最も金茶色を言い表しているのかもしれません。

豪華さについては、人によって見解は異なるかもしれませんが、
個人的には、金色タイプの優勝旗の方があると思います。

次に、こちらをご覧ください。
http://www.hata-maku.com/img/product/furenjisanada.jpg

ご覧の通り、優勝旗のフレンジは正確には、
20mmと表記がある「真田」と呼ばれる部分と、
その下の、四段七宝結び仕上げの「フレンジ」の二つのパーツに分けられます。

まずこの真田の部分が、写真では違いが分かり辛いのですが、金茶タイプの方は、
橙色の人絹(じんけん。絹に似せて作った繊維。レーヨンのこと)であるのに対し、
金色タイプは金の糸で出来ています(金の糸なのでキラキラ光っています)。

その下の四段七宝結び仕上げのフレンジ部分は、
金茶タイプが橙色の人絹平糸【ひらいと】であるのに対し、金色タイプの方は、
金色の人絹撚糸【ねんし、よりいと。細い糸を何本か束にしてそれを撚った(よった)糸のこと。撚るとは、ねじり合わせること。これにより強くなる。“腕によりをかける”は撚糸が語源。反対に撚っていない糸のことを平糸と言う】です。
その上金色タイプの方は、その四段七宝結びのフレンジ部分に金の糸を絡ませていますので、
キラキラと光って見た目が非常に豪華で高級感もあり、
別名、四段七宝ホタル入りとも呼ばれています。

こうした細かな部分の違いによって、
金茶タイプのオリジナル優勝旗は89,000円、金色タイプのそれは110,000円と、
21,000円の差が出来ているわけです。
ご使用用途、ご予算、お好みに合わせてお選びください。

なお上記の説明だけでは、違いがなかなか分かりずらいかと思います。
そこで実際に現物を見ていただける貸し出しも行っていますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらのオリジナル優勝旗のページをご覧ください。

質問ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

特定商取引法の表記 プライバシーポリシー

Copyright© HakuroMarks Inc. All rights reserved.

生地サンプル無料配布中 旗・幕ドットコム