旗・幕の専門店。垂れ幕・横断幕、タペストリー、テーブルクロス 、社旗、団旗、クラブ旗、大漁旗、手旗などを製造、販売。

ヘッダーイメージトップ
旗・幕ドットコム

サイトマップ

原稿確定後1週間で出荷、安心の交換保証付!

問い合わせをする   ショッピングカートを見る
ヘッダーライン
製品一覧 当サイトの特長 ご注文方法 データ入稿ガイド お客様の声 会社概要
トップメニュー下部イメージ

ホーム > 初めての方へ > よくいただく質問

テーブルクロス 編

質問 テーブルクロスの撥水加工で注意する点はありますか?
答え

では、5つご案内させていただきます。

一つは、汚れたりして洗濯をしますと、
目には見えませんが撥水の被膜がひび割れてきて、
そのままではそこから液体等が入り込んでしまい、撥水効果がなくなってしまいます。

ただし、アイロンをかけて頂くと元通りになり
再び撥水効果が復活しますのでご安心ください。
20〜30回くらいまでなら洗濯、アイロンを繰り返しても大丈夫です。

二つ目。
防炎加工と撥水加工両方は出来ません。
どちらか一方しかできませんので、ご承知おきください。

三つ目。
撥水加工は、余分に1週間お時間がかかります。余裕を持ってご注文下さい。

四つ目。
撥水加工が出来る生地は、バンテン・ツイル・帆布です。
ポンジ・スエード・トロマット・ターポリン系は撥水加工が出来ません。


最後五つ目ですが、撥水加工によって吸水せず弾くことになれば、
それに気付かず服等が汚れてしまうということも考えられます。
もし撥水加工しなければ、テーブルクロスが水分を吸ってくれて、
そのリスクはより少ないかも知れません。

そういった場合に備えて、結婚式の披露宴会場のテーブルなどでは、
撥水加工したテーブルクロスのその上に、更に吸水性のシートを置いたりしているところもございます。

以上が、注意点になります。
ご参考になさってください。

なお、撥水加工のやり方としては一般的に、
撥水の溶剤の中に漬け込む方法と、直接スプレーする方法の二通りありますが、
当店のやり方は前者になります。撥水剤に漬け込んだ後、170度の高温処理して撥水層を作ります。
スプレー式だと、どうしてもムラになってしまいます。

関連Q&A
撥水加工すると、どんなメリットがありますか?
http://www.hata-maku.com/beginner/faq_00512.html

質問ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

特定商取引法の表記 プライバシーポリシー

Copyright© HakuroMarks Inc. All rights reserved.

生地サンプル無料配布中 旗・幕ドットコム