このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 垂れ幕 > 垂れ幕・横断幕で展示会を盛り上げよう

垂れ幕・横断幕で展示会を盛り上げよう

2018年10月23日
旗幕ドットコムの店長 福本です。
日中は過ごしやすい気温になりましたね。
この時期は展示会も多く開催されますので、準備に大忙しのお客様も多いのではないでしょうか?

今回は展示会の装飾品としても大活躍の屋内用の垂れ幕・横断幕をご紹介します。

展示会といえば、椅子カバーテーブルクロスが定番のアイテムとして人気です。
この2商品をブースを装飾するにあたり設置していれば間違いないと思います。

ただ最近はどのブースも装飾に力を入れていますので、他社に差をつけるには、
もう一品欲しい所です。

ここでお勧めなのが垂れ幕・横断幕です!

お客様から頂いたお写真を元にご紹介させて頂きます。

垂れ幕・横断幕は展示会のブースの壁に設置すれば、お客様の目をひく看板になります。
特にブースの背面の壁は最も目に入る場所ですので、小さなポスターを貼るのはもったいないと思います。

上下を袋加工にしてパイプを入れれば、ピンと張りますので綺麗に設置することができます。

横断幕

ハトメ加工で垂れ幕・横断幕を製作すればパイプが必要ないのでコンパクトになり
電車で展示会場まで持って行かないといけない方などにはお勧めです。

また、上下パイプ仕様の場合、弊社でご用意できるパイプは
最長でも2,640oまでと長さの制限がございますが、
ハトメタイプならもっと大きな垂れ幕・横断幕の製作が可能です。
展示会のブースが広い場合、大きな垂れ幕・横断幕を作って設置すれば、
他のブースと差がつく事間違いなしです。

横断幕2

垂れ幕・横断幕はテーブルにつければ、テーブルクロスのように使う事も可能です。
真っ白なテーブルクロスの前にオリジナルの横断幕を付ければ展示会でも目立つ腰巻の完成です。

横断幕3

このお写真のように横断幕をテーブルに付けるには、押しピンなどでテーブルに固定するか、
テープなどで固定する必要があります。
テーブルは展示会場で用意されている物を使う場合がほとんどだと思いますので
「押しピンで穴をあけるのは・・・」と考えてテープで固定される方が多いと思います。

しかし、弊社の屋内用の垂れ幕・横断幕に使用している生地 
ポンジ・スエード・トロマットの3種類の生地は、印刷した際にインクが滲まないように、
生地の表面に特殊な処理が施されています。

このコーテイングの影響で通常のセロテープ・ガムテープ・養生テープ・両面テープは
ほとんど引っ付きません。それどころか「超強力」と書いてある両面テープでも付かない商品もございます。

私が調べたところではコニシ株式会社の粗面材料用の両面テープなら弊社の屋内用の生地でも
使うことができましたのでお勧めです。

横断幕用両面テープ

垂れ幕・横断幕を使って展示会で差をつけましょう!
旗幕ドットコム 店長の福本でした。

【関連記事】
企業説明会でお役に立つ椅子カバーをご紹介します。
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/2018-06.html


コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:旗・幕ドットコム店長@福本



好きなartist:ミスターチルドレン
趣味は?  :子供の写真撮影
好きな映画は:「ライフ イズ ビューティフル」
私の特徴は?:のんびり
自慢できる事:日本けん玉協会初段

旗・幕ドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事