このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > > バレーボールの横断幕を作る際に知っておきたいこと

バレーボールの横断幕を作る際に知っておきたいこと

2022年05月10日
メイン画像

皆さまこんにちは。旗・幕ドットコムの岸岡です。

スポーツの応援に行くと、横断幕を見かけることがありますよね。その学校・チームが大切にしている校訓やスローガンが書かれており、それだけで強そうに見えることもしばしば。

たくさんのスポーツがありますが、本記事ではバレーボールの横断幕をご検討の方に向けて、最適なサイズやオススメのデザイン、よく使われる言葉をご紹介します。

こちらを見ていただければ、すぐにバレーボールの横断幕が製作できますよ♪

それでは、早速まいりましょう!

バレーボールの横断幕に規則や決まりはある!?


せっかく横断幕を製作したけれど、掲げることができない。これは一番避けたいですよね。
困っている人

結論から申し上げると、中学や高校の部活動、プロバレーボール(Vリーグ)すべてにおいて、サイズや生地の規制はありません。

ただし、Vリーグでは掲示場所の指定はあるようです。以下、Vリーグホームページより抜粋。

「横断幕、掲示板、立て看板、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、その他印刷物は、Vリーグ機構またはホームチームが指定した場所に、掲示してください。他の観戦者の観戦の妨げになる形での応援はお控えください。」

これはVリーグだけではなく、部活動での公式試合などにも当てはまるかと思います。最低限のルールを守り、みんなが気持ちよく応援できると良いですね。

よく出るサイズは?


規制がないからこそ、横断幕をどのくらいのサイズで作れば良いか分からないですよね。

参考程度になりますが、バレーボールの横断幕では横3000mm×縦900mmが比較的よく出るサイズです。

↓横3000mm×縦900mmの横断幕
よく出るサイズの横断幕

バレーボールは基本的には室内競技。会場にもよりますが、体育館の2階席に取り付けると、非常に収まりが良いのがこのサイズだからです。

↓横断幕を体育館で設置している様子(横3000mm×縦900mm)
体育館に設置した横断幕

当社では1枚1枚をオリジナルでお作りしておりますので、これ以外のサイズでももちろん製作可能です。目安としては横幅1800〜6000mm、縦900〜1200mm程度とお考えください。

↓横4000mm×縦900mmの横断幕
横断幕の設置例

↓横5000mm×縦900mmの横断幕
横5000mm×縦900mmの横断幕

↓横1800mm×縦1200mmの横断幕
横1800mm×縦1200mmの横断幕

こちらで紹介したバレーボールの横断幕の他、フォトギャラリーではお客様からの写真を掲載しています!是非ご参考になさってください。

↓フォトギャラリーはこちら
https://www.hata-maku.com/case/gallery/?product_id=ouenmaku&material=

バレーボールに最適なデザイン


先ずは、これまでに製作させていただいた過去の事例をご覧ください。
製作事例

学校名が入っているのはもちろん、そのチームが掲げるスローガンやテーマが一番目立つよう、中心に大きく配置されたデザインが多いです。

公式試合もさることながら、練習中に掲げることも多い横断幕は、チームを鼓舞するためのもの。しんどい・辛い練習の最中、パッと目に留まった時に「まだまだできる。頑張ろう」そう思えるように、大きくデザインされているんですね。

それ以外にも、校章を入れたり、バレーボールのイラスト、シルエットを入れることで、世界に1枚しかない、特別な横断幕が作れます。

デザインサンプルからの変更がオススメ


「まだまだイメージが湧かない」「他にはないデザインにしたい」という方のために、当社ではデザインサンプルを多数ご用意しています。
デザインサンプル

デザインサンプルとは、当社のデザイナーが作成した横断幕のサンプルのこと。ベースとなるサンプルを選び、そこから文字やフォント、色や配置を変更することで、簡単にオリジナルの横断幕が製作できます!



この他にも、300種類近いデザインサンプルをご用意しています。もちろんバレーボール以外のスポーツが書かれていても、文字を自由に変えれるから大丈夫!

↓詳しくこちらをご覧ください!
https://www.hata-maku.com/sample/search/?category=ouenmaku

よく使われるスローガンやキャッチコピー


スポーツによって頻繁に出てくるスローガンやキャッチコピーがありますよね。バレーボールの横断幕に見かけることの多い言葉をご紹介します。

躍動感のある言葉


スパイクを打つ
追え!繋げ!羽ばたけ!
飛べ!跳べ!翔べ!
誰よりも高く
Over the top
挑め超えろ頂へ


サーブやレシーブももちろん大切ですが、やはりバレーボールの魅力の一つはスパイク。それを表現した「より高く」「とぶ」などがよく使われる人気の言葉です。

チームワークにフォーカスした言葉


チームワーク
全員バレー
One for all,All for one
信頼 団結 闘志
心を繋げ
繋魂


バレーボールは3回で相手のコートにボールを運ぶ競技。リベロという縁の下の力持ち、広い視野と分析に長けたセッター、跳躍力と攻める気持ちを持ったスパイカーと全員の力が掛け算になります。

チームワークの大切さを表現した「全員」や「繋ぐ」という言葉もよく使われます。

その他にも


バレーボール
この一球にすべてを込めろ
真っ向勝負
この一瞬を全力で
気魄は技を制す
闘魂


球技ならではの「一球」に集中する、1点1点でプレーが区切られることから「一瞬」にかける、対戦相手と正面からぶつかることから最後は「気持ち」で勝つなどの言葉もよく使われる言葉です。

【おまけ】ハイキュー!より


バレーボールを持つ人
飛べ(烏野高校)
コートを制す(青葉城西高校)
一球入魂(梟谷学園)
繋げ(音駒高校)
思い出なんかいらん(稲荷崎高校)
強者であれ(白鳥沢学園)
質実剛健(条善寺高校)
粘りを見せろ(和久南高校)
伊達の鉄壁(伊達工業高校)
正々堂々(戸美学園高校)
何度でも立て(早流川工業高校)


バレーボールを題材とした人気アニメの「ハイキュー!」で使われていた横断幕のキャッチコピー。それぞれの高校の色や特性が感じられるため、参考になります。

気になる製作費は!?


デザインや文言のイメージが膨らみ、あとはどれくらいの金額で製作できるのかが気になるところかと思います。

持ち運びに優れ、畳んでいてもシワのつきにくい「トロマット」という生地を例に、価格を見てみましょう。
トロマットの価格表

分かりやすいようにキリの良い数字にしていますが、先述した通りどんなサイズでも製作できますので、ご安心ください。

ご注文・お見積りフォームで希望のサイズを入力し、生地を選択すると自動で金額が出ます。是非ご活用くださいませ。

↓横断幕のお見積りはこちらから
https://www.hakuromarkss.jp/product_form/maku_out/spec

-----------------------------------------------------------

いかがでしたか?

・総体前に横断幕を作りたい
・頑張っている生徒(子ども)達にエールを
・バレーボールの大会出場にあたって、横断幕が欲しい

とお考えの方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

「こんなイラスト・写真は使えますか?」「●日までにほしいのですが、間に合いますか?」など、ご質問があれば、お気軽にご相談ください!

↓お問い合わせはこちら
https://www.hata-maku.com/inquiry_form/

↓垂れ幕・横断幕の詳細はこちら
https://www.hata-maku.com/product/maku_out/

以上、バレーボールの横断幕について、ご紹介いたしました。
またお会いしましょう!

<関連記事>
「コンパクトサイズのミニ横断幕」
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000065.html

「第●回の数字のところが変えられる横断幕」
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000082.html

Twitter↓


Instagram↓
Instagram

LINE↓
友だち追加


働くヒト ブログランキングへ

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:旗・幕ドットコム店長@福本



好きなartist:ミスターチルドレン
趣味は?  :子供の写真撮影
好きな映画は:「ライフ イズ ビューティフル」
私の特徴は?:のんびり
自慢できる事:日本けん玉協会初段

旗・幕ドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
2022年 05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事