このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2020年02月

2020年02月

【椅子カバー】バイアステープと布地の色合わせついて

2020年02月04日


みなさんこんにちは。
旗・幕ドットコムの辻です。

今回は椅子カバーのフチについているバイアステープと布地の色合わせについてご案内します。

バイアステープとは下の写真の部分のことです。



椅子カバーのご注文をいただいた際、
「バイアステープの色と布地の色を合わせてほしい」というお声をよくいただきます。

バイアステープは以下でご紹介の通り、既製色(12色)ですのでテープの色を変更することはできませんが、その場合、逆に布地(スムース)の色の方をバイアステープの色に近づけることで、色を合わせることができます。

そこで今回は、バイアステープの各既製色に似た色をスムースに印刷したものを写真でご紹介しつつ、全国共通のカラーチップ「PNAOTNE(パントーン)」の番号も割り当ててみました。
色指定の際にご利用頂ければ幸いです。

バイアステープの色は
黄色、オレンジ、赤、ピンク、淡水、ターコイズ、ブルー、
ネイビー、カーキ、緑、白、黒の12色あります。

印刷した椅子カバーの生地「スムース」の上に
斜めに置いている生地が「バイアステープ」です。

1 黄色 PANTONE101C



2 オレンジ PANTONE021C



3 赤 PANTONE186C



4 ピンク PANTONE212C



5 淡水 PANTONE2915C



6 ターコイズ PANTONE7704C



7 ブルー PANTONE7691C



8 ネイビー PANTONE7463C



9 カーキ PANTONE2261C



10 緑 PANTONE336C



11 白 CMYK0%



12 黒 K100%



以上、全12色です。

椅子カバーの印刷方法は「昇華転写捺染」という方法です。

インクジェットプリンターで一旦転写紙に印刷した後、
それを生地に重ねて熱で転写させています。

文字だと少し難しいかと思いますので
よろしければ動画をご覧くださいませ。
↓↓↓


色合わせをする際は、できるだけ近い色になるよう、
弊社の印刷担当者が丁寧に行っております。

今回は、バイアステープに合わせて出力しましたが
バイアステープの色以外でも、色見本をご郵送いただけましたら
色を合わせてお送りいたします!

是非ともお気軽にお申し付けください。

最後に、バイアステープと布地の色を合わせたり、同系色にすると
レイアウト上にどのような効果があるのかをご紹介します。



内側のレイアウトと同じ色系統にすると
レイアウト全体が落ち着いた印象になり、よくまとまって見えます。

バイアステープの色に悩んだときは、是非同じ系統の色をお選びください。

反対に、メリハリを付けたいと思われる場合は、
敢えてバイアステープに違う色をご指定いただくこともあります。



上のようなレイアウトをご希望される際は
中に入れるロゴやイラスト等に含まれるいずれかの色をお使いいただくと
違和感なくレイアウトを強調させることができます。

もちろん弊社デザイナーにおすすめの色を聞いていただいてもかまいません。
どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

<椅子カバーの詳細ページはこちら>
↓↓↓
https://www.hata-maku.com/product/chaircover.html


以上、旗・幕ドットコムの辻でした。

タペストリーの使い方提案

2020年02月10日
最近は風がビュービューと強く吹いていて春が近づいているのでしょうか。
昨日は暖かかったり、今日は寒くて風が強かったりと落ち着きませんね。
私はなぜか北風と太陽のお話を思い出します。

こんにちは、旗・幕ドットコムの長谷です。

あのお話はコートを着込んでいる人のコートを脱がすべく、
力技で北風はビュービューと風を起こし飛ばしてしまおうとするも、飛ばせず
風を起こせない太陽が知恵で脱がす事ができた・・というお話だったように思います。少しうろ覚えですが。

子供ながらに「太陽すごくかしこい!」と太陽に憧れました。
知恵次第で、出来ないと思っていたものを成し遂げることができる。
凄く素敵です。

そのお話を思い出したので、我が旗・幕ドットコムの製品「タペストリー」で
何かスタンダードな使い方以外にできないかと考えてみました。

サイズは 横幅650×高さ1800で作成した、大きめのタペストリーです。

まずは特に人気が高い使い方です。
企業説明会や販促アピールにドドンと大きなインパクトを与える存在感です。

ブースに垂らすだけで、会社や販促物のアピールにもなり、雰囲気作りにも一役買います。
背面に壁状のものがあれば、なお安定します。

自社に設置される場合、見せたくない扉や棚などあったりしませんか?

実は裏に窓があり、写真を撮るのに隠したいな〜と思い、隠して撮影しました!(笑)
このように見せたくないものの目隠しをしつつ、自社のアピール。王道な使い方です。

逆に全面的にアピールするのにこんな所に掛けてみました。

外から面したガラスの扉。
これは窓なんかでも使えそうですね。
飲食店やカフェで日除けがてら、外へアピールできます。

またオリジナルな柄でお手洗いのネームプレート・・・という使い方もありかもしれませんね。
世界に一つ、あなただけのお店のネームプレート。

着用イメージだとこんな感じですかね。
大きさは横幅600×高さ450です。

旗・幕ドットコムでは似たような販促商品でロールスクリーンというものも取り扱っています。
タペストリーとは共通点はありますが、タペストリーは主にディスプレーがメインです。
あげたり下げたり収納したり、実用的なものはロールスクリーンかと思います。

ロールスクリーンについてはこちらをご覧ください。
https://www.hata-maku.com/product/rollscreen.html

販促やメニューのアピールに壁を使うのはもちろん、天井も立派なスペース!

ぶら下げ型看板としても、利用できそうです。

これくらいですね・・。
凡人なので、発想の転換は生まれませんでしたが
一つでも「それいいな」と思って貰えたなら幸いです。

機転の利いた使い方で、よりよくアピールしていきたいですね!
以上、旗・幕ドットコムの長谷でした!

【関連記事】
就職説明会で人気のブース装飾品!お勧めの組み合わせをご紹介します。
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000093.html
タペストリーに綺麗な画像を入れよう。
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000077.html
展示会にはタペストリーを!
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000048.html

フック付きテーブルクロス止め

2020年02月13日
こんにちは。印刷担当の岩澤です。

今回はテーブルクロスを使う時に役立つ?かもしれない、
ちょっとしたアイテムをご紹介します。

その名も
「フック付きテーブルクロス止め」です。

と言っても弊社で販売しているアイテムではなく、
100円ショップで見つけた商品なんですけどね、、、

でもうまく使えば、2役をこなす優れものなのです!

その前に、弊社で販売している
「テーブルクロス止め」を紹介したいと思います。

説明会等でテーブルクロスを使用した時に、
「テーブルクロス止め」を使用すると、
左右の部分を折り込んでテーブルに止める事で、
BOX型テーブルクロスのように見た目を
スッキリさせることが出来ます。

簡単に取り付けれるので、
とてもオススメのアイテムです。
動画がございますので是非ご覧ください。



今回ご紹介する「フック付きテーブルクロス止め」は、
この代用が出来ます。こちらです!

フック

これは元々はフックとして販売されている物で、
厚みのある板にセットする事ができます。

和室のフスマの上にある鴨居部分につけて、
ハンガーをぶら下げるといった使い方が一般的だと思います。

厚さ4センチ程度までなら挟む事が可能なので、
テーブルをはさむことなんて朝飯前なんです。

挟む部分には薄いクッションが付いているので、
テーブルを傷つけることもなく、優しい設計になっております。

テーブルクロスを掛けてはさんでも、
生地を傷つけることもありません。

フック部分は2キロの物まで掛ける事ができるので、
見た目より結構しっかりしています。

上部の丸い部分を回して締めて固定させます。
結構しっかりと固定できます。

フック付きテーブルクロス

説明会等で使用する事の多いテーブルクロスですが、
ブースは限られたスペースなので、これを使えば、
スペースの無駄遣いをせずに済みます。

物を置きたい時や、ちょっとした小物だったり、
手さげカバンだったりが
横に掛けられると結構便利ですよ。

パソコンをご使用になることが多いと思いますので、
電源ケーブルを這わしてスッキリさせることも出来ます。

展示会や説明会の際には、2、3個持ち物に忍ばせているだけで、
重宝すると思いますよ!

もし気になるようでしたら100円ショップ等で
探していただけたら見つかると思います。

そうそう、テーブルクロスの製作はもちろん、
ハクロマークにお任せ下さい!

ご注文はこちらから↓↓↓
https://www.hata-maku.com/product/tablecloth.html

以上、印刷担当の岩澤がお届けしました。

オリジナルタオルを綺麗に仕上げる為のデザインの注意点

2020年02月25日


旗・幕ドットコムの店長福本です。

旗・幕ドットコムの商品ラインナップの一つにオリジナルのタオルがございますが
こちらも卒団記念品として人気ですので
是非ともご検討なさってください。
https://www.hata-maku.com/product/towel.html

そこで今回は、オリジナルタオルを綺麗に仕上げる為の、
デザイン上の注意点をご説明します。
よろしくお願いします。

弊社のタオルは、印刷面にあたる表面はポリエステル100%で、
裏面は柔らかく肌触りもGOOD!な綿100%のマイクロファイバータオル(中国製)です。

この印刷面と転写紙を重ねて「昇華転写捺染」という方法で製作します。

どのように作られるのか、
こちらの動画で、実際にタオルを印刷しているところがご覧いただけます。



ただこのタオル地は布製品の為、
きちんとした四角形ではなく歪んで(ゆがんで)います。
あまりに歪みが大きいタオルは検品の段階で弾きますが
どうしても多少のゆがみがあります。

下の写真は印刷前のタオルで、綺麗な長方形ではないのが分かると思います。
タオル

その上、動画でご覧いただいた通り、
手作業でタオルを載せますので、
製作過程でどうしても10o程度のズレが生じます。

このような状態で普通に印刷すると、
結果、以下のような仕上がりになってしまうことがあります。

こちらは、上の辺と左下に色が入らずタオル生地の白色が残っているのが分かります。


こちらの写真では右端のクマのキャラクターが切れてしまっています。


しかし、印刷用のデータに、ある工夫をすることによって
このようなズレを目立ちにくくすることが出来るんです!

下のタオルの図をご覧下さい。
白色の点線がタオルの実際のサイズですが、印刷データを作る場合は
周囲を20mm大きくしたデータを作り印刷します。


するとこのように、多少のズレがあっても問題なく仕上がります。


クマさんのタオルのように切れると困るような柄の場合は、反対に
実際のタオルサイズより20mm程度内側に配置すれば、多少のズレがあっても柄が切れることはありません。
下側のピンクの部分は、上の例と同じでタオル生地の白色が出ないよう外側に20mm太らしをします。


右端の切れていたクマのキャラクターも綺麗に入ってますし、下のピンクの部分も白く欠けたりしていませんよね?


ただ残念ながら、お客様の希望するデザインによっては、
このような工夫だけでは綺麗に仕上がりにくいものもございます。

以下に、綺麗に仕上がりにくい代表的なデザインと
どうしてもそのデザインで印刷したい!という場合の対処法
(本来は印刷ズレが目立ちやすいためお勧めはしておりません。
あくまでズレを目立ちにくくする方法ということでご理解下さい)をご紹介します。

綺麗に仕上がりにくいデザイン例@

・額縁のように周囲に縁が付くデザイン

このようなデザインは縁の幅が均等に印刷できない為お勧めはできません。
縁の線が細ければ細いほどズレが目立ちます。



どうしても周囲に縁のあるデザインが良いという場合は、周囲の縁を可能な限り太くして下さい。
そうすれば目立ちにくくなります。


綺麗に仕上がりにくいデザイン例A

・デザインの上下・左右だけに細いラインが入っているデザイン

こちらも原因と対策は上記のデザインと同じです。



線を太くすればズレは目立ちにくくなります。



ここまでお伝えしましたように、タオルはきちんとした長方形ではないため
お客様の希望するデザインでは綺麗にいかない場合がありますので
予めこうした注意点を踏まえ、デザインをご検討なさってみてください。

もちろん旗・幕ドットコムにご相談いただければ、問題ないデザインか、
もし問題がある場合は、どうしたらズレが目立ちにくくなるか、
デザインをご提案させていただきますので、どうぞご安心下さい。

卒団記念品としてオリジナルタオルが、もらった人の一生の宝物になるよう
心を込めてお手伝いさせていただきます。

オリジナルタオルの製作はこちら
https://www.hata-maku.com/product/towel.html

以上、
旗・幕ドットコム店長、福本でした。
プロフィール
管理者:旗・幕ドットコム店長@福本



好きなartist:ミスターチルドレン
趣味は?  :子供の写真撮影
好きな映画は:「ライフ イズ ビューティフル」
私の特徴は?:のんびり
自慢できる事:日本けん玉協会初段

旗・幕ドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2020年 02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事