このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2019年06月

2019年06月

ミニタペストリーで好きな写真を飾ろう!

2019年06月04日
ミニタペストリータイトル
みなさんこんにちは。
旗幕ドットコムの辻です。

今回は「ミニタペストリー」についてご紹介したいと思います。

タペストリーと言えば、
お店の前でおすすめのメニューをお知らせしたり
新商品を引き立てるために背景に置いたりして使われるのが一般的です。

タペストリーの詳細はこちらをご覧下さい
http://www.hata-maku.com/product/tapestry.html

今回のご提案は、同じタペストリーでもミニなので、
室内装飾として使われてみてはいかがでしょう?

実際にどのようなものか、作ってみたのでご覧下さい。

タペストリー試作品

こちらのサイズは、横幅150mm×縦幅345mmです。
重さもとても軽いので、ピン一つで問題なく飾れます♪

サイズ感は大体30センチの物差しより少し大きいぐらいです。
実際に比べてみたのでご覧ください。



コンパクトでお手軽♪
そう思いませんか?

ミニタペストリーは、写真と一緒に名前を入れたり、
誕生日や一言メッセージを入れたりすることもできますので、
自分用以外にも、プレゼント用でもオススメです!

文字等は何も入れずに、写真だけをミニタペストリー全体に入れてみるのもアリです。
普通の写真よりも大きな縮尺で飾ることが出来るので、
例えば花火の写真などがあれば、写真のみの方が迫力があっていいかもしれないですね!

収納する時も、ご覧の通りこんなにコンパクトになります。



ミニタペストリーの上下には
直径12oの塩ビパイプが入っています。
クルクル巻けば、折り畳まずにコンパクトに出来ますので
折り目が付かず、綺麗に保管することができます!

お値段は、

サイズ:横150mm×縦345mm
生地:ポンジ
仕様:上下袋加工/左右ヒートカット
付属品:直径12o塩ビパイプ2本及び紐付き

で、6,000円/セットです。

もちろんサイズもご希望サイズで作れますし
生地もスエードなどに変えることもできます。

お見積もり等ミニタペストリーにご興味、関心がございましたら
こちらからお気軽に問い合わせください。
↓↓↓
https://www.hata-maku.com/form/inquiry.html

また無料の生地見本帳もご用意しておりますので
実際手にとって
生地ごとの発色や写真がどの程度鮮明に出力されるかの違いを
お確かめ頂くことができます。

生地見本帳請求はこちら
https://www.hata-maku.com/form/sample.html

今後、写真を飾る方法として
ミニタペストリーを作る選択肢を持って貰えたら幸いです。

あなたもお好きな写真をミニタペストリーにして部屋に飾ってみませんか♪

以上、
辻がお届けしました。

【その他タペストリー関連の新商品はこちら】
タペストリーでオリジナルのカレンダーはいかが♪

ポンジ製手旗とツイル製手旗の違い

2019年06月10日


こんにちは、旗・幕ドットコムの長谷です。

今朝、とても綺麗なあじさいを見かけ
「子供の頃に、雨の日はよくそれを眺めながら、登下校したな〜。」
と、ふと思い出しました。

あじさいを見に行く旅行なんてものもあるみたいですよ。

今回は、そんな旅行のツアーガイド、
町の集まりやスポーツの応援などに幅広くお使い頂ける手旗についてご紹介します。

旗・幕ドットコムでは手旗のご案内に、
「ポンジ」と「ツイル」の生地での作成をお薦めしています。

スタンダードであり、手旗として使用する際の基本。
「軽さ」が特に優れているからです。

こちらが【ポンジ生地の手旗】です。
周囲はヒートカット加工(ほつれないように熱で溶断する)を施しています。


そしてこちらが【ツイル生地の手旗】です。
周囲は三つ折り加工です。

左側の棒を付ける箇所の加工も変えた写真になっておりますが、それはのちほどご紹介します♪

後ろをあえて黒い背景にしています。

さほど大差が無いように見えますが
でも、よ〜〜〜く見てみるとポンジ手旗の方はうっすら背景が透けているのに対し
ツイルの手旗はあまり透けていません。

日にかざしてみると違いは歴然です。

【ポンジ手旗】


【ツイル手旗】

ポンジの生地で作るメリットは何といっても安価で作れる事。
薄手の生地で持っていても疲れない軽さをしている事。
透け感を出せる事です。

逆に言えば「思ってたよりも薄かった」との声もあります。
耐久性もツイルに比べると高くはありません。

しかし、イベントで、家族旅行に、サークルの集まりで、お子さんの応援など・・たくさんの回数を使う予定ではないけれども、しっかりした手旗が欲しい。回数使わないから、出来れば安く・・・。
そんなお客様にお役立ちするのではないでしょうか。

対するツイル生地のメリットは軽く、丈夫な所。
そして高級感です。
旗に最も適している生地で、しっかりした生地感と手触り、高発色で長持ちします。

ポンジに比べるとお値段が張りますが、想像している手旗を形に出来るのではないでしょうか。

こちらはツアーや、バス旅行、応援はもちろんプレセントにもお使い頂けます。
幅広い分野で使用でき、長くたくさん使う。
そんなお客様におすすめしています。

ポンジの手旗について詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.hata-maku.com/product/hata_small.html
ツイルの手旗について詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.hata-maku.com/product/hata_syaki.html

最後に、冒頭にも触れましたが、
旗を棒に取り付ける部分の仕上げ方法についてもご紹介しておきます。

ポンジの手旗の仕上げ方法は以下の2種。
一つは、袋加工です。

下から直径12oの塩ビパイプを入れて
ずれないようにパッカーと呼ばれる留め具で抑えます。

もう一つはハトメ加工です。
バスガイドさんが使っているような伸縮ポールを使いたい場合は、コチラの仕様になります。

表のデザインを邪魔しないよう、かつ強度を上げるため
裏側にのみレザーを縫い付けます。
よく見るとそれを縫い付ける糸も透明という気の使いよう。

後ろから見るとこうなっています。

ツイルの手旗の仕上げも、この「袋加工」「裏レザーハトメ加工」
いずれにも無料で対応していますが、高級なツイルの旗の標準は下の写真のように
白レザーで表と裏から生地を挟み込む仕様で、強度は一番高いです。


仕上げ方法に関しては、ハトメ位置を変えたい、増やしたい等、お気軽にご相談下さい。

いかがでしたか?
手旗を作る際の参考になれば幸いです♪

【関連記事】
手旗をマラソンの応援に使ってみませんか?
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000041.html
手旗と一緒に秋を楽しもう!
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000018.html

ロールスクリーンは一台で何役にもなる販促ツールです!

2019年06月25日



旗・幕ドットコムの店長 福本です。

強い日差しにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はロールスクリーンのご紹介です。

日除けになるだけなら、以前にもこちらのブログでも紹介したタペストリーや垂れ幕と何ら変わりません。

タペストリーなどで暑さ対策はいかがですか?
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000013.html

でもロールスクリーンは、
それ以外にも様々な使い方ができる優れものなのです。

<ロールスクリーンの特徴>
・上げ下げできる
・だから、外にいる人の目や太陽光を遮ることができる(日除けになる)
・逆に光を取り入れたり、開放的にできる
・営業中かどうかのサインになる
・もちろん販促ツールにもなる
・生地によっては両面印刷できるので、外にも内に向かってもアピールできる
・簡単にバナーを交換できるので、季節やイベントに応じて手軽に広告展開できる

詳しく見ていきます。

・上げ下げできる

ロールスクリーンの最大の特徴は自由に上げ下げができること!
バナーを下げれば外側にいる人の目や太陽光を遮ることができ(日除けになる)
バナーを上げれば逆に光を取り入れたり、開放的にできるので場面によって調整が可能です。

飲食店の場合、店内の混み具合が窓から見えたほうがいい場合もありますよね。
このような場合はバナーを上げて店内が屋外から見えるようにし、
その他の時間はバナーを下げて広告としても使えるのでお勧めです。



・営業中かどうかのサインになる

たとえば病院の受付窓口で営業中はバナーを上げておいて受付が終了したら
「本日の検診は終了しました」と書かれたバナーを下ろしておけば受付が終了したことの目印になります。



・生地によっては両面印刷できるので、外にも内に向かってもアピールできる。

中央に遮光材を挟み込んだ3層構造の遮光スエードという生地を使えば
表の印刷柄が裏面に透けませんので両面印刷が可能です。

それにより、外側に向けては通行人に来店を促すような内容のものを、
店内にいらっしゃるお客様にはお勧めの商品や追加のメニューなど
客単価をアップさせるようなものを掲載することができます。

こう言うと、1枚の表裏に印刷するとバナー代も2倍になるのでは?
と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが
そんなことはありませんのでご安心を。

実例を元に価格を見てみましょう。

ロールスクリーンの製品丈と製品幅に関しましては下の図をご覧ください。


器具代は同じようにかかりますので
ここではバナーのみの価格を見比べます。

サイズ:製品丈900mm×製品幅1390mmの場合
片面印刷(生地:帆布)21,000円
両面印刷(生地:遮光スエード)29,800円

サイズ:製品丈2105mm×製品幅1390mmの場合 
片面印刷(生地:帆布)33,000円
両面印刷(生地:遮光スエード)54,100円

ご覧の通り、両面に印刷しても、
製品丈900mm×製品幅1390mmのサイズで8,800円
製品丈2105mm×製品幅1390mmのサイズで21,100円アップ

と1.5倍程度で、2倍まで価格は上がりませんのでどうぞご安心ください。

・簡単にバナーを交換できるので、季節やイベントに応じて手軽に広告展開できる。

ロールスクリーンのバナーの交換は簡単に行えますので
季節やイベントに合わせて手軽に販促展開できます。
例えば夏限定メニューなどがあれば通常用とは別にバナーを用意しておけば
効果的な販促が可能です。

どのくらいバナーの交換が簡単か、
こちらに動画をご用意しましたのでご覧ください。


なお、ロールスクリーンのバナーのみはカートからご注文出来ませんので
その際は、その他要望欄に「器具不要」とご記入いただきご注文下さい。
*ロールスクリーンのバナーのみのご注文は、弊社で以前に器具をご注文頂いたお客様に限らせて頂きます。
他社の器具ですと合わない恐れがございますので何卒ご理解ください。

ロールスクリーンの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hata-maku.com/product/rollscreen.html

ご注文はこちらから
https://www.hata-maku.com/cgi-bin/shopping/index.cgi?c=form&item_pk=9


いかがでしたでしょうか?
一台で何役にもなるロールスクリーン。
これを機会に是非ご検討下さい!

旗・幕ドットコムの福本でした。

オリジナルのペナントはいかがですか♪

2019年06月26日

皆様、こんにちは。
旗・幕ドットコムの長倉です。

皆様は、旅行などに行かれた際どんなお土産を買われますか?
食べ物が多いのではないかと思いますが
昔は、キーホルダーや提灯(長倉家だけですかね?笑)
ペナントなどがお土産の定番でした。

若い世代の方々、「お土産のペナントって何?」ですよね(笑)
ペナントは各地の観光名所などがあしらわれた
横に長い三角形の旗みたいなものです。
昔は、どこのお土産屋さんにも並んでいましたが
最近ではあまり見かけなくなりました…懐かしいばかりです…
是非、一度調べるかご両親に聞いてみてください(笑)

今日はそんなペナントの、お土産以外の用途をご紹介したいと思います。

皆様、ペナントレースという言葉を耳にしたことはありませんか?
プロ野球をご覧になる方はお分かりになるかと思いますが
ペナントレースというのは4月から10月ぐらいにかけて
行われるプロ野球のリーグ戦のことです。

優勝旗とされるペナントを奪い合うことから、そう呼ばれるそうです。
そのまんまですが、なるほど!といった感じですよね。

ここでは優勝旗として使用されているんですね。

更に、サッカーの世界においてもペナントは欠かせないもの。
試合前のセレモニーで、お互いの国やチームのエンブレム
などが記されたペナントを交換するといったものです。

お互いフェアプレーを誓い、健闘を称え合う
という意味が込められているそうです。

その試合ごとの記念品になるということですね。

記念品…

そうっ!!
今日は、その記念品としての使い方をお勧めしたいのです!!

部活動、クラブチーム、サークルなど、どんな団体でも
いろいろな大会やイベントに出場したり、卒団、卒部など
記念に残したい機会は必ずありますよね。

そんな時の記念品としてオリジナルのペナントを製作してみませんか♪

サンプルをご用意しましたのでご覧ください。

■サイズ W210×H260
■生地  スエードor遮光スエード
■仕様  上部袋加工(塩ビパイプ+金紐付き)、下部リリアンフレンジ加工

ペナント1
ペナント1拡大

生地はスエードと遮光スエードの
2種類からお選びいただけるのですが
何が違うかといいますと…

こちらをご覧ください

左がスエードで右が遮光スエードです。

こちらの2種類は光沢があり高級感が出る生地になっております。
ですが、あまり違いが分かりませんよね。

では、次にこちらをご覧ください。
スエードと遮光スエードの違い裏
左がスエードで右が遮光スエードです。
裏から見ると違いが一目瞭然ですね。

遮光スエードは、
スエードとスエードの間に遮光材を挟んだ三層構造になっていますので、
透けることはなく厚手で重量感もあり、
両面印刷も可能(表裏違う柄もОK)といった優れものです。

生地感に関しましては、実際に手にとってご確認していただけるよう
生地見本帳をご用意しております。こちらの見本帳は無料で
ご請求いただけますので、是非お気軽にお問合せくださいませ。

生地見本帳無料請求はこちら
https://www.hata-maku.com/form/sample.html

そして気になるお値段がこちら(1枚辺りの単価)
■スエード
 1枚 7,800円
 2枚 5,800円
 3枚 4,400円
 ・
 ・
 ・
 20枚 1,600円

■遮光スエード
 1枚 8,200円
 2枚 6,200円
 3枚 4,800円
 ・
 ・
 ・
 20枚 2,000円

更に、特別感をお求めの場合はオプションで
スチールパイプ+房付き紐に変更可能です。

スチールパイプ+房付き紐はこちら。
ペナント2
ペナント2拡大
房が付くことで、より高級感が出ますね。

※スチールパイプ+房付き紐への変更は+600円になります。


枚数により単価はお安くなっていきますので
お気軽にお問合せくださいませ。

是非、オリジナルのペナントで記念の1枚を…♪

以上、旗・幕ドットコムの長倉でした。

【関連記事】
クラブ旗を卒団記念に贈ろう
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000043.html
優勝旗は運動会にもぴったりです!
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000016.html
春の運動会を盛り上げるには…?
http://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000003.html

プロフィール
管理者:旗・幕ドットコム店長@福本



好きなartist:ミスターチルドレン
趣味は?  :子供の写真撮影
好きな映画は:「ライフ イズ ビューティフル」
私の特徴は?:のんびり
自慢できる事:日本けん玉協会初段

旗・幕ドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2019年 06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事