このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > デザインについて > illustratorで市松模様をつくってみよう!

illustratorで市松模様をつくってみよう!

2022年09月06日
メイン画像

皆様こんにちは。
旗・幕ドットコムの小林です。

今回はillustratorで市松模様を
「正確に」かつ「簡単に!」作る方法をご紹介します。

市松模様とは、2色の四角が交互に整列してできた柄のことを指します。
市松模様
一つ一つの四角に、ロゴや社名を入れることで
限られたスペースでも効率よく伝えたい情報をアピールできることが市松模様のメリット。

テーブルクロスやバックボードの柄としても大人気です!
市松模様の販促商品

ただ、この柄・・・
パット見、作るのが難しそうではないですか?

四角を作って、複製してずらして、並べて複製して·····の繰り返し。
この方法だと、時間もかかるし
途中でズレてしまったり、正確性に欠けますよね。

あと、正直めんどくさそう·····(;_;)

でも、Illustratorの「スウォッチ」という機能を使えば、あっという間に市松模様が作れちゃうんです。

作り方はこちら
↓↓↓
まず、正方形を書きます。
正方形の書き方
シフトキーを押しながら四角を描くと、縦辺・横辺が同じ長さの正方形を作ることができますよ。

次にオブジェクト→パス→グリッドに分割→行・列ともに段数を「2」にして
市松模様の大元となるパーツを作ります。
市松模様の大元
※四角形と四角形の隙間ができないよう間隔は必ず「0」にしましょう。

次に、この4つの四角形の集合体をスウォッチに登録。
スウォッチ登録

あとは、市松模様柄にしたいフォーマットを選んで登録したスウォッチをクリックすると、全面が市松模様に変わりました!
一瞬で市松模様に
まさに「一瞬」で完成。感動です(*^^*)

また、拡大・縮小ツールを使うことで、市松模様のサイズを変えることもできます。
↓↓↓
拡大・縮小ツールをダブルクリック→「縦横比を固定」の数値を変えることで模様のサイズが変化します。
模様を拡大縮小
現状よりも柄を大きくしたいときは100%よりも大きな数字を、
現状よりも柄を小さくしたいときは100%よりも小きな数字を入れてください。

これだけで市松模様をお好みのサイズに変更できます。

また、回転ツールを使えば、ダイヤ形にすることも出来ました。
模様を回転

【ここで一つ注意!】
拡大・縮小ツールも回転ツールも、
「オプション→オブジェクトの変形」のチェックは外してください
チェックを外す
ここにチェックが入っていると、フォーマット自体も回転してしまう等、選んだ範囲全てが変形してしまいます。

スウォッチ機能を使えば、市松模様だけでなく
千鳥格子やギンガムチェックなど、色んな種類の格子柄を簡単&正確に作ることができますよ。

それぞれの模様の作り方は以下ブログをご覧下さいませ。
↓↓↓
●ギンガムチェックの簡単な作成方法
https://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000101.html

●ハウンドトゥースチェック(千鳥格子)パターンの作り方
https://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000102.html

Illustratorには、デザイン作業を簡単にする機能がたくさん備わっています。
デザインをお作りいただく中で「この形はどうしたら作れるのだろう?」など疑問に思われたことがあれば、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ!
↓↓↓
https://www.hata-maku.com/design_form/

世界に一つだけの素敵な販促商品で、御社の魅力をもっともっとアピールしていきましょう。

旗や幕、テーブルクロスやバナースタンドのご注文もお待ちしております。
↓↓↓
https://www.hata-maku.com/

以上、旗·幕ドットコムの小林でした。

<関連記事>
市松模様の最適な大きさとは|メリットから商品別のおすすめサイズまで
https://www.hata-maku.com/blog/home/archives/000089.html


Instagram
友だち追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:旗・幕ドットコム店長@福本



好きなartist:ミスターチルドレン
趣味は?  :子供の写真撮影
好きな映画は:「ライフ イズ ビューティフル」
私の特徴は?:のんびり
自慢できる事:日本けん玉協会初段

旗・幕ドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2022年 09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事